スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
spinno minnos
- 2008/05/27(Tue) -
ご無沙汰。

今回は、spinno minnos
スピノミノー1


今でこそ水押しや水のかくはんが魚へのアピールの重要な要素になってるが、
昔のルアーってそんなこと考えてたんだろうか?

コイツを見てそんなことを考えた。ボディに水車が組まれてる。
コイツでフラッシングと水のかくはんを同時にやってしまう。手が込んでいる
ここに力を入れすぎて塗りが・・・そんなことは考えてはいけない。

スピノミノー2


意外とヘビーなリグ。多分バス用ではないんだろな。
実は実践投入はまだだったりする。

シンキングだから・・
コイツをネタにするにあたってアクションを風呂場で試してみて初めて知った。
更新する意欲さえ失くしかけた。まぁたまにはこんなのもいいか。

動きはイイよ、シーバスで使うか。


今回分かったこと

このルアーはシンキング

spinno minnosの読み方がわからない

私の写真技術がヘタレ
スポンサーサイト
この記事のURL | GOOD FISHING | CM(2) | TB(0) | ▲ top
初釣りは・・・
- 2008/03/23(Sun) -
ノーフィッシュ!

21日の話だが、日中天気良かったからイケルとか思い、夕方に出撃。

現地には援軍もすでに到着。早速開始。

しかし日中と夕方の気温差はさすが雪国。ドイヒーな下がり方。20分程度で退却。

正体は分からないが、枝豆のサヤの硬くてデカイver.が木からゴンゴン落ちてきてた。

ものすごいアグレッシブに大自然から拒否られた。


この記事のURL | GOOD FISHING | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ボックス好き
- 2008/03/14(Fri) -
ボックスに目がない。
趣味が高じて数が増え、今では入れる物も無いのにボックスが増えてしまっている。
そんな中の一つ「JC Higgins TACKLE BOX」

j.c.higginsbox3

シアーズ・ローバック社のスポーツ用品ブランドJC Higginsのボックス。
サビサビ。イイ感じ。アメリカの釣り好きなジイさんのガレージに
無造作に放っぽり出されてるカンジが。
サビ一つでこんな事まで創造してしまう。

j.c.higginsbox1

開けた状態。一日釣りをするのにちょうどイイ収納スペース。
何十年も時が経ってるにも関わらず、スムーズに開くし、ピッタリ閉まる。
一生使えるボックス。飽きたらツールボックスとしてトランクに載せておくのもいいな。




番外編
これからメインになる予定のボックス。

box1

元はホームセンターなんかにある無地のプラ製ツールボックス。
ステッカーと油性ペンでこんなに素晴らしいボックスに早変わり。お手軽!カッコイイ!

box2

ステッカーを一つピックアップ。
色の組み合わせ、フォントなど、どれをとっても私のココロをがっちりキャッチ!
予備に何枚か欲しいのだが、売ってるの見たことねぇ。

決めた。k-mun、このロゴでTシャツ作ろう。
この記事のURL | GOOD FISHING | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ネオンミッキー
- 2008/03/10(Mon) -
ギミック、見た目に惹かれて機能は二の次で、衝動的に手に入れてしまった。
そしてあまり使わない。そんな経験って誰にでもあるものだ。
ネオンミッキー。

ネオンミッキー1


容姿、申し分ない。
作り手の意思、意図など微塵も感じられないペイントアイ。
安っぽいフィニッシュのプラボディ。
お世辞にも疑似餌とは呼べないシロモノ。
スバラシイじゃないか!
敬愛する開高健氏もこう言っていた。
「ルアーというものは生き物からかけ離れているほどイイ」と。(うろ覚え)


ネーミング、申し分ない。
妖しさの象徴とも言える「ネオン」(少なくとも私はそう考える)をネームに冠している。
で、なんでネオンなのか?

ネオンミッキー2


ボディ真ん中クリアの球体の中、銀の玉が見える。コレが暗闇で妖しく、赤く光る。
それがネオンミッキーたる所以だ。

正体は「水銀」





・・・スゲェ。




その一言に尽きる。
他に光らせる方法なんていくらでもあったろう?なんで水銀なんだ
ブッチぎりのバカさ加減だ。

コイツを手の届く範囲に置き、夜な夜な振っては赤い光を楽しんでいる。

夏になったらナイトでコイツを使ってみよう。

でもきっと魚は釣れないんだろうな。
この記事のURL | GOOD FISHING | CM(0) | TB(0) | ▲ top
HEDDON/#160S.O.S WOUNDED MINNOW
- 2008/03/07(Fri) -
ルアーを語る上でヘドンは外せない、
ということでS.O.S WOUNDED MINNOWを引っ張り出した。
sos1

手に入れたときからズタボロ。エイジクラックもビシビシと入ってる。50年以上前のものなので
仕方がないのだが・・・
ガシガシ使いたいのでリバーニッシュしてある。

コイツは死にかけた魚をイメージしてるのか、横に浮く。
まさにSOS!とは言ったものの、SOSの意味には2通り説があるらしく、
1つは「助けを求める死にかけの魚」ともう1つは「swim on side(横になって泳ぐ的な意味)」
もしかしたらどちらも正解かもしれない。きっとそうだ。そうだったらステキだ。

sos3

ネームも何も入ってないのは少し寂しい気もするが、
この頃はこのクオリティでルアーを作る会社が無かった為、無駄に自己主張する必要も無く
ライバルが増えてきた頃にステンシルなどを入れ、差別化を図っていた・・・


などと妄想に耽る2008冬



あぁ、釣りに行きたい


この記事のURL | GOOD FISHING | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。