スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ネオンミッキー
- 2008/03/10(Mon) -
ギミック、見た目に惹かれて機能は二の次で、衝動的に手に入れてしまった。
そしてあまり使わない。そんな経験って誰にでもあるものだ。
ネオンミッキー。

ネオンミッキー1


容姿、申し分ない。
作り手の意思、意図など微塵も感じられないペイントアイ。
安っぽいフィニッシュのプラボディ。
お世辞にも疑似餌とは呼べないシロモノ。
スバラシイじゃないか!
敬愛する開高健氏もこう言っていた。
「ルアーというものは生き物からかけ離れているほどイイ」と。(うろ覚え)


ネーミング、申し分ない。
妖しさの象徴とも言える「ネオン」(少なくとも私はそう考える)をネームに冠している。
で、なんでネオンなのか?

ネオンミッキー2


ボディ真ん中クリアの球体の中、銀の玉が見える。コレが暗闇で妖しく、赤く光る。
それがネオンミッキーたる所以だ。

正体は「水銀」





・・・スゲェ。




その一言に尽きる。
他に光らせる方法なんていくらでもあったろう?なんで水銀なんだ
ブッチぎりのバカさ加減だ。

コイツを手の届く範囲に置き、夜な夜な振っては赤い光を楽しんでいる。

夏になったらナイトでコイツを使ってみよう。

でもきっと魚は釣れないんだろうな。
スポンサーサイト
この記事のURL | GOOD FISHING | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ボックス好き | メイン | HEDDON/#160S.O.S WOUNDED MINNOW>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://juvenilegoodsun.blog27.fc2.com/tb.php/9-60bc0af8
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。